BLOGブログ

太らない食事論③

2017.12.20

ダイエットトレーナー・アドバイザーの岩﨑です。

前回まで申し上げた陰陽論ですが、当然の事ながら

現代栄養学を無視して良いと言うわけではありません。

 

どちらも照らし合わせていく必要があると思います。

しかしながら、

世の中に蔓延る食の乱れが正常な判断を鈍らせてしまいます。

先生方でさえ間違っている事に気づかず

実しやかに指導しますから

 

厚労省の言う、塩分と高血圧の関係であるとか

砂糖は脳の栄養というCMが流れたり

カルシウムを補給するために乳製品が必要だとか

 

その他、

民間では糖質を否定するようなロジックであったり

更には、

お肉を食べる元気な高齢者を映し出すといった、

スポンサーの意図が盛りこまれた番組であったり

 

何が正しいのか判断に迷う世の中です。

 

常にご自分の「体の声」を聞き、

指導を受ける時、それをぶつけて

腑に落ちる答えが得られるか判断してみて下さい。

 

©2005−2018 iwasaki isamu

ブログ一覧へ戻る